1. HOME
  2. 工法概要
  3. 裏込注入タイプ:NOSⅠ型

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)

据付函体と地山との空隙部に可塑状裏込注入材を充填しながら掘進。

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)の特長

  • 補助工法の必要性を少なくすることが可能。
  • 高地下水位の箇所や硬質から軟弱地盤までの、幅広い土質条件に対応可能。
  • 家屋や鉄道施設近接部などの周辺影響を最小限に抑える必要のある箇所の施工が可能。
  • クレーン走行旋回が困難な箇所においては、函体吊下し設備を搭載して施工可能。
  • シールド機に底板・隔壁があるため、軟弱地盤・帯水層でも土圧バランスを取りながら施工が可能。
  • 急曲線施工が可能。
  • シールド機上に覆工し、路面解放が可能で施工帯が移動します。
  • シールド機は掘削室と函体据付部が、隔壁・底板によって遮断、よって作業員の安全が確保されます。
  • 函体はPC鋼棒で緊結、また側部と底部は裏込注入材で地山へ密着、よって不等沈下などの防止に有効。

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)の施工断面図

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)の施工断面図

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)の施工状況図

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)の施工状況図

  • 裏込注入材
  • 施工事例を見る

工法概要

Page Top