1. HOME
  2. 工法概要
  3. 可とう継手・耐震

可とう継手・耐震

裏込注入タイプ(NOSⅠ型)・裏込注入無しタイプ(NOSⅡ型)・推進タイプ(NOSⅢ型)の場合

下図のオープンシールド工法用の可とう継ぎ手を使用します。
この可とう継ぎ手を所定の間隔で設置することにより、レベル2地震動を許容することができ、敷設した函体は耐震性を有する構造となります。

オープンシールド工法用可とう継ぎ手
NOS・V型
許容変異量:伸び=50mm、沈下50mm
耐水圧:0.1Mpa

オープンシールド工法用可とう継ぎ手 NOS・V型

オープンシールド工法用可とう継ぎ手
NOS・F型
許容変異量:伸び=25mm、沈下=25mm
耐水圧:0.05Mpa

オープンシールド工法用可とう継ぎ手 NOS・F型

NOS・F型の可とう継ぎ手取り付け

NOS・F型の可とう継ぎ手取り付け

NOS・V型の可とう継ぎ手取り付け

NOS・V型の可とう継ぎ手取り付け

自走タイプ(NOS Ⅴ型)の場合

オープンシールド機が自走するため、通常の開削工法用の耐震性能を有する函体の他、耐震用の柔構造を有する函体も使用可能です。

工法概要

Page Top