1. HOME
  2. 工法概要
  3. 覆行スライドタイプ

覆行スライドタイプ

工程

  1. 1.覆工板推進用レールの設置(覆工板推進用レールを、片側ずつ設置)
  2. 2.覆工板推進(推進ジャッキにより、覆工板・受桁を推進)
  3. 3.函体下部推進(元押しジャッキにより、函体下部を推進)
  4. 4.引き戻し(函体下部終了後に覆工板・受桁を覆工板推進ジャッキにより引き戻し、撤去)
  5. 5.函体上部推進(同時に、発進立坑から、函体上部(上床版)をジャッキにより推進)
  6. 6.函体の上下緊結(函体上部を所定の位置に設置後、上下部函体をPC綱棒により緊結し構造物を構築)

施工順序図

施工順序図

特長

  1. 1.覆工及び函体上部(上床版)をスライドさせるため、交通規制が少ない。
  2. 2.土被りゼロで施工が可能。
  3. 3.非開削工法と比較して、経済的である。
  4. 4.交通規制、車線規制は、開削工法と比較して、最小限である。

特長

工法概要

Page Top