1. HOME
  2. 工法概要

工法概要

オープンシールド工法は、市街地での狭隘箇所、道路下、交差点、河川改修箇所などで、オープンシールド機で土留めをしながら、下水道、雨水渠、河川水路、共同溝などの函渠・開渠を安全に早期に地中に埋設する工法です。
本工法には下記の4つのタイプがあり、施工条件、土質条件などに応じて最適なタイプと施工方法をご提案致します。

裏込注入タイプ:NOSⅠ型

裏込注入タイプ:NOSⅠ型 詳細はこちら

主な適用箇所
  • 家屋近接狭隘部
  • 鉄道近接
  • 河川改修
  • 道路下

家屋近接狭隘箇所、軟弱。高地下水位地盤等で周辺への影響を最小限に抑える必要のある箇所などに適する。

  • 家屋等近接狭隘箇所
  • 軟弱・高地下水位地盤
  • 急曲線施工箇所

裏込注入なしタイプ:NOSⅡ型

裏込注入なしタイプ:NOSⅡ型 詳細はこちら

主な適用箇所
  • 道路下
  • 柵渠改修
  • 水路改修
  • 家屋近接

比較的自立性のある地下水位の影響の少ない地盤で、簡易土留め工法より安全に施工する必要のある箇所などに適する。

  • 簡易土留めでは安全性が懸念される箇所
  • 開削工法と同様の基礎築造箇所
  • 曲線施工箇所

推進タイプ:NOSⅢ型

推進タイプ:NOSⅢ型 詳細はこちら

主な適用箇所
  • 既設橋下
  • 道路横断
  • 交差点
  • 狭隘直線部

既設橋下越し施工箇所、交差点や道路横断部等で、最小限の交通制限で施工する必要のある箇所などに適する。

  • 家屋等近接狭隘箇所
  • 軟弱・高地下水位地盤
  • 上空制限等のある箇所

自走入タイプ:NOSⅤ型

自走入タイプ:NOSⅤ型 詳細はこちら

主な適用箇所
  • 水路改修
  • 河川改修
  • 道路下

比較的自立性のある地下水位の影響の少ない地盤で、早期に安価に施工する必要のある箇所などに適する。

  • 早期施工箇所
  • 開削用函渠と同性能の函渠敷設箇所
  • 開削工法と同様の基礎築造箇所
  • 施工法の分類
  • 開削工法との比較
  • 新しい施工技術
  • 工法タイプ別の適用表
  • 可とう継手・耐震

Page Top