1. HOME
  2. 工法概要
  3. 立体交差タイプ

立体交差タイプ

工程

  1. 1.スロープ部は、オープンシールド工法(NOS)で施工する。
  2. 2.立体交差部は、オープンシールド機上部を覆工し上部荷重を受け掘削。
  3. 3.残土搬出と函体運搬は、敷設済みの函体内から行う。
  4. 4.土被り埋戻しは流動化処理土で埋戻す。
  5. 5.交通規制は作業を行う時間帯のみ1車線規制で、作業終了後は交通規制無しで行う。
  6. 6.立体交差部施工終了後は、再びスロープ部をオープンシールド工法で施工する。

特長

  1. 1.非開削工法と比較して、経済的である。
  2. 2.開削工法と比較して、工期が短い。
  3. 3.立体交差部は、掘削残土搬出、函体据付をオープンシールド機内で行うため最小限の交通規制で施工が可能。
  4. 4.作業帯が移動するため、周辺の迷惑度が軽減される。

施工断面図

施工断面図

オープンシールド機上部を覆工しての、立体交差部拡大図

オープンシールド機上部を覆工しての、立体交差部拡大図

施工順序図

施工順序図

工法概要

Page Top